資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

AP その他の法律・ガイドライン・技術者倫理②

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 製造物責任法(PL法)において,製造物責任を問われる事例はどれか。

  1. 機器に組み込まれているROMに記録されたプログラムに瑕疵(かし)があったので,その機器の使用者に大けがをさせた。
  2. 工場に配備されている制御系コンピュータのオペレーションを誤ったので,製品製造のラインを長時間停止させ大きな損害を与えた。
  3. ソフトウェアパッケージに重大な瑕疵が発見され,修復に時間が掛かったので,販売先の業務に大混乱をもたらした。
  4. 提供しているITサービスのうち,ヘルプデスクサービスがSLAを満たす品質になく,顧客から多大なクレームを受けた。

 

解答

 ア

解説

 

  1. 機器に組み込まれているROMに記録されたプログラムに瑕疵(かし)があったので,その機器の使用者に大けがをさせた。
    作成中

  2. 工場に配備されている制御系コンピュータのオペレーションを誤ったので,製品製造のラインを長時間停止させ大きな損害を与えた。
    作成中

  3. ソフトウェアパッケージに重大な瑕疵が発見され,修復に時間が掛かったので,販売先の業務に大混乱をもたらした。
    作成中

  4. 提供しているITサービスのうち,ヘルプデスクサービスがSLAを満たす品質になく,顧客から多大なクレームを受けた。
    作成中

 

参考情報

分野・分類
分野 ストラテジ系
大分類 企業と法務
中分類 法務
小分類 その他の法律・ガイドライン・技術者倫理
出題歴
  • AP 平成30年度春期 問78