資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説など

AP セキュリティ関連法規⑪

 

 不正アクセス禁止法で規定されている,“不正アクセス行為を助長する行為の禁止”規定によって規制される行為はどれか。

  1. 業務その他正当な理由なく,他人の利用者IDとパスワードを正規の利用者及びシステム管理者以外の者に提供する。
  2. 他人の利用者IDとパスワードを不正に入手する目的で,フィッシングサイトを開設する。
  3. 不正アクセスの目的で,他人の利用者IDとパスワードを不正に入手する。
  4. 不正アクセスの目的で,不正に入手した他人の利用者IDとパスワードをPCに保管する。

解答・解説

解答

 ア

解説

 

  1. 業務その他正当な理由なく,他人の利用者IDとパスワードを正規の利用者及びシステム管理者以外の者に提供する。


  2. 他人の利用者IDとパスワードを不正に入手する目的で,フィッシングサイトを開設する。


  3. 不正アクセスの目的で,他人の利用者IDとパスワードを不正に入手する。


  4. 不正アクセスの目的で,不正に入手した他人の利用者IDとパスワードをPCに保管する。


参考情報

分野・分類
分野 ストラテジ系
大分類 企業と法務
中分類 法務
小分類 セキュリティ関連法規
出題歴
  • AP 令和4年度春期 問78

前問 一覧 次問