資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

AP 経営・組織論⑤

 

 リーダシップ論のうち,ハーシイ&ブランチャードが提唱するSL理論の特徴はどれか。

  1. 優れたリーダシップを発揮する,リーダ個人がもつ性格,知性,外観などの個人的資質の分析に焦点を当てている。
  2. リーダシップのスタイルについて,目標達成能力と集団維持能力の二つの次元に焦点を当てている。
  3. リーダシップの有効性は部下の成熟(自律性)の度合いという状況要因に依存するとしている。
  4. リーダシップの有効性は,リーダがもつパーソナリティと,リーダがどれだけ統制力や影響力を行使できるかという状況要因に依存するとしている。
解答・解説

解答

 ウ

解説

準備中
  1. 優れたリーダシップを発揮する,リーダ個人がもつ性格,知性,外観などの個人的資質の分析に焦点を当てている。
    準備中

  2. リーダシップのスタイルについて,目標達成能力と集団維持能力の二つの次元に焦点を当てている。
    準備中

  3. リーダシップの有効性は部下の成熟(自律性)の度合いという状況要因に依存するとしている。
    準備中

  4. リーダシップの有効性は,リーダがもつパーソナリティと,リーダがどれだけ統制力や影響力を行使できるかという状況要因に依存するとしている。
    準備中

参考情報

分野・分類
分野 ストラテジ系
大分類 企業と法務
中分類 企業活動
小分類 経営・組織論
出題歴
  • AP 令和3年度秋期 問74