資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

AP 技術開発戦略の立案⑥

 

 新しい事業に取り組む際の手法として,E.リースが提唱したリーンスタートアップの説明はどれか。

  1. 国・地方公共団体など,公共機関の補助金・助成金の交付を前提とし,事前に詳細な事業計画を検討・立案した上で,公共性のある事業を立ち上げる手法
  2. 市場環境の変化によって競争力を喪失した事業分野に対して,経営資源を大規模に追加投入し,リニューアルすることによって,基幹事業として再出発を期す手法
  3. 持続可能な事業を迅速に構築し,展開するために,あらかじめ詳細に立案された事業計画を厳格に遂行して,成果の検証や計画の変更を最小限にとどめる手法
  4. 実用最小限の製品・サービスを短期間で作り,構築・計測・学習というフィードバックループで改良や方向転換をして,継続的にイノベーションを行う手法
解答・解説

解答

 エ

解説

準備中
  1. 国・地方公共団体など,公共機関の補助金・助成金の交付を前提とし,事前に詳細な事業計画を検討・立案した上で,公共性のある事業を立ち上げる手法
    準備中

  2. 市場環境の変化によって競争力を喪失した事業分野に対して,経営資源を大規模に追加投入し,リニューアルすることによって,基幹事業として再出発を期す手法
    準備中

  3. 持続可能な事業を迅速に構築し,展開するために,あらかじめ詳細に立案された事業計画を厳格に遂行して,成果の検証や計画の変更を最小限にとどめる手法
    準備中

  4. 実用最小限の製品・サービスを短期間で作り,構築・計測・学習というフィードバックループで改良や方向転換をして,継続的にイノベーションを行う手法
    準備中

参考情報

分野・分類
分野 ストラテジ系
大分類 経営戦略
中分類 技術戦略マネジメント
小分類 技術開発戦略の立案
出題歴
  • AP 令和3年度秋期 問69