資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

AP 経営戦略手法⑫

 

 あるメーカがビールと清涼飲料水を生産する場合,表に示すように6種類の組合せ(A〜F)によって異なるコストが掛かる。このメーカの両製品の生産活動におけるスケールメリットとシナジー効果に関する記述のうち,適切なものはどれか。

組合せ ビール
(万本)
清涼飲料水
(万本)
コスト
(万円)
A 20 0 1,500
B 40 0 3,300
C 0 10 500
D 0 20 1,100
E 20 10 1,900
F 40 20 4,200
  1. スケールメリットはあるが,シナジー効果はない。
  2. スケールメリットはないが,シナジー効果はある。
  3. スケールメリットとシナジー効果がともにある。
  4. スケールメリットとシナジー効果がともにない。
解答・解説

解答

 イ

解説

準備中
  1. スケールメリットはあるが,シナジー効果はない。
    準備中

  2. スケールメリットはないが,シナジー効果はある。
    準備中

  3. スケールメリットとシナジー効果がともにある。
    準備中

  4. スケールメリットとシナジー効果がともにない。
    準備中

参考情報

分野・分類
分野 ストラテジ系
大分類 経営戦略
中分類 経営戦略マネジメント
小分類 経営戦略手法
出題歴
  • AP 令和3年度秋期 問68