資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

AP システム監査㉓

 

 アジャイル開発を対象とした監査の着眼点として,システム管理基準(平成30年)に照らして,適切なものはどれか。

  1. ウォータフォール型開発のように,要件定義,設計,プログラミングなどの工程ごとの完了基準に沿って,開発作業を逐次的に進めていること
  2. 業務システムの開発チームが,情報システム部門の要員だけで構成されていること
  3. 業務システムの開発チームは,実装された機能について利害関係者へのデモンストレーションを実施し,参加者からフィードバックを得ていること
  4. 全ての開発作業が完了した後に,本番環境へのリリース計画を策定していること
解答・解説

解答

 ウ

解説

準備中
  1. ウォータフォール型開発のように,要件定義,設計,プログラミングなどの工程ごとの完了基準に沿って,開発作業を逐次的に進めていること
    準備中

  2. 業務システムの開発チームが,情報システム部門の要員だけで構成されていること
    準備中

  3. 業務システムの開発チームは,実装された機能について利害関係者へのデモンストレーションを実施し,参加者からフィードバックを得ていること
    準備中

  4. 全ての開発作業が完了した後に,本番環境へのリリース計画を策定していること
    準備中

参考情報

分野・分類
分野 マネジメント系
大分類 サービスマネジメント
中分類 システム監査
小分類 システム監査
出題歴
  • AP 令和3年度秋期 問58