資格部

資格・検定の試験情報、対策方法、問題解説などをご紹介

AP 情報セキュリティ管理⑪

 

 JPCERTコーディネーションセンターとIPAとが共同で運営するJVNの目的として,最も適切なものはどれか。

  1. ソフトウェアに内在する脆弱性を検出し,情報セキュリティ対策に資する。
  2. ソフトウェアの脆弱性関連情報とその対策情報とを提供し,情報セキュリティ対策に資する。
  3. ソフトウェアの脆弱性に対する汎用的な評価手法を確立し,情報セキュリティ対策に資する。
  4. ソフトウェアの脆弱性のタイプを識別するための基準を提供し,情報セキュリティ対策に資する。

解答・解説

解答

 イ

解説

  1. ソフトウェアに内在する脆弱性を検出し,情報セキュリティ対策に資する。


  2. ソフトウェアの脆弱性関連情報とその対策情報とを提供し,情報セキュリティ対策に資する。
    適切です。

  3. ソフトウェアの脆弱性に対する汎用的な評価手法を確立し,情報セキュリティ対策に資する。


  4. ソフトウェアの脆弱性のタイプを識別するための基準を提供し,情報セキュリティ対策に資する。


参考情報

分野・分類
分野 テクノロジ系
大分類 技術要素
中分類 セキュリティ
小分類 情報セキュリティ管理
出題歴
  • AP 令和4年度秋期 問40

前問 一覧 次問