資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

AP 情報セキュリティ⑭

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 楕円曲線暗号に関する記述のうち,適切なものはどれか。

  1. AESに代わる共通鍵暗号方式としてNISTが標準化している。
  2. 共通鍵暗号方式であり,ディジタル署名にも利用されている。
  3. 公開鍵暗号方式であり,TLSにも利用されている。
  4. 素因数分解問題の困難性を利用している。

 

解答

 ウ

解説

 

  1. AESに代わる共通鍵暗号方式としてNISTが標準化している。
    作成中

  2. 共通鍵暗号方式であり,ディジタル署名にも利用されている。
    作成中

  3. 公開鍵暗号方式であり,TLSにも利用されている。
    作成中

  4. 素因数分解問題の困難性を利用している。
    作成中

 

参考情報

分野・分類
分野 テクノロジ系
大分類 技術要素
中分類 セキュリティ
小分類 情報セキュリティ
出題歴
  • AP 平成30年度秋期 問37