資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

AP ヒューマンインタフェース技術③

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 アクセシビリティ設計に関する規格であるJIS X 8341-1:2010(高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第1部:共通指針)を適用する目的のうち,適切なものはどれか。

  1. 全ての個人に対して,等しい水準のアクセシビリティを達成できるようにする。
  2. 多様な人々に対して,利用の状況を理解しながら,多くの個人のアクセシビリティ水準を改善できるようにする。
  3. 人間工学に関する規格が要求する水準よりも高いアクセシビリティを,多くの人々に提供できるようにする。
  4. 平均的能力をもった人々に対して,標準的なアクセシビリティが達成できるようにする。

 

解答

 イ

解説

 

  1. 全ての個人に対して,等しい水準のアクセシビリティを達成できるようにする。
    作成中

  2. 多様な人々に対して,利用の状況を理解しながら,多くの個人のアクセシビリティ水準を改善できるようにする。
    作成中

  3. 人間工学に関する規格が要求する水準よりも高いアクセシビリティを,多くの人々に提供できるようにする。
    作成中

  4. 平均的能力をもった人々に対して,標準的なアクセシビリティが達成できるようにする。
    作成中

 

参考情報

分野・分類
分野 テクノロジ系
大分類 技術要素
中分類 ヒューマンインタフェース
小分類 ヒューマンインタフェース技術
出題歴
  • AP 平成29年度秋期 問24