資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

AP プログラミング③

 

 プログラム特性に関する記述のうち,適切なものはどれか。

  1. 再帰的プログラムは再入可能な特性をもち,呼び出されたプログラムの全てがデータを共用する。
  2. 再使用可能プログラムは実行の始めに変数を初期化する,又は変数を初期状態に戻した後にプログラムを終了する。
  3. 再入可能プログラムは,データとコードの領域を明確に分離して,両方を各タスクで共用する。
  4. 再配置可能なプログラムは,実行の都度,主記憶装置上の定まった領域で実行される。
解答・解説

解答

 イ

解説

  1. 再帰的プログラムは再入可能な特性をもち,呼び出されたプログラムの全てがデータを共用する。
    準備中

  2. 再使用可能プログラムは実行の始めに変数を初期化する,又は変数を初期状態に戻した後にプログラムを終了する。
    準備中

  3. 再入可能プログラムは,データとコードの領域を明確に分離して,両方を各タスクで共用する。
    準備中

  4. 再配置可能なプログラムは,実行の都度,主記憶装置上の定まった領域で実行される。
    準備中

参考情報

分野・分類
分野 テクノロジ系
大分類 基礎理論
中分類 アルゴリズムとプログラミング
小分類 プログラミング
出題歴
  • AP 令和3年度秋期 問6