資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

AP 応用数学⑨

 

 非線形方程式f(x)=0の近似解法であり,次の手順によって解を求めるものはどれか。ここで,y=f(x)には接線が存在するものとし,(3)でx₀と新たなx₀の差の絶対値がある値以下になった時点で繰返しを終了する。

〔手順〕

(1)解の近くの適当なx軸の値を定め,x₀とする。

(2)曲線y=f(x)の,点(x₀, f(x₀))における接線を求める。

(3)求めた接線と,x軸の交点を新たなどのとし,手順(2)に戻る。

  1. オイラー法
  2. ガウスの消去法
  3. シンプソン法
  4. ニュートン法
解答・解説

解答

 エ

解説

  1. オイラー法
    オイラー法は、微分方程式を数値的に解く方法です。

  2. ガウスの消去法
    ガウスの消去法は、連立一次方程式を解くアルゴリズムで、掃き出し法とも言います。

  3. シンプソン法
    シンプソン法は、数値積分を解く方法です。

  4. ニュートン法
    正しいです。

参考情報

分野・分類
分野 テクノロジ系
大分類 基礎理論
中分類 基礎理論
小分類 応用数学
出題歴
  • AP 令和3年度秋期 問1