資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

乙種 物化 消火・消化剤③

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 消化剤とその消火効果について、誤っているものはどれか。

⑴ 二酸化炭素消化剤は不燃性の気体で空気より重く、燃焼物を覆うので窒息効果があり、狭い空間で放射した場合には人体に危険物である。

⑵ 強化液消化剤は、冷却効果と燃焼を化学的に抑制する効果があるので、噴霧状で放射すると油火災にも適する。

⑶  粉末消化剤は、無機化合物を粉末状にしたもので、窒息効果や燃焼を化学的に抑制する効果がある。

⑷ 水消化剤は、比熱と蒸発熱が大きいので冷却効果があり、木材、紙、布等の火災に適するが、油火災には適さない。

⑸ 泡消化剤は、泡によって燃焼物を覆うので窒息効果があり、油火災に使用できるが、木材、髪、布等の火災には使用できない。

 

 

解答

 ⑸

解説

 ー

⑴ 二酸化炭素消化剤は不燃性の気体で空気より重く、燃焼物を覆うので窒息効果があり、狭い空間で放射した場合には人体に危険物である。
正しいです。

⑵ 強化液消化剤は、冷却効果と燃焼を化学的に抑制する効果があるので、噴霧状で放射すると油火災にも適する。
正しいです。

⑶  粉末消化剤は、無機化合物を粉末状にしたもので、窒息効果や燃焼を化学的に抑制する効果がある。
正しいです。

⑷ 水消化剤は、比熱と蒸発熱が大きいので冷却効果があり、木材、紙、布等の火災に適するが、油火災には適さない。
正しいです。

⑸ 泡消化剤は、泡によって燃焼物を覆うので窒息効果があり、油火災に使用できるが、木材、髪、布等の火災には使用できない。
ー