資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

乙種 物化 自然発火・混合危険・爆発④

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 燃焼及び発火等に関する一般的説明として、正しいものはどれか。

⑴ ハロゲン元素を結合した気体の炭化水素は、常温(20℃)で発火する。

⑵ 可燃性粉体のたい積物は、空気の湿度が低く、かつ含水率が小さいほど、自然発火を起こしやすい。

⑶ 比熱の大きい物質は、発火又は着火しやすい。

⑷ 分解、または蒸発して可燃性気体を発生しやすい物質は、着火しやすい。

⑸ 気化熱の大きい物質ほど、燃焼温度が高い。

 

 

解答

 ⑷

解説

 ー

⑴ ハロゲン元素を結合した気体の炭化水素は、常温(20℃)で発火する。
ー

⑵ 可燃性粉体のたい積物は、空気の湿度が低く、かつ含水率が小さいほど、自然発火を起こしやすい。
ー

⑶ 比熱の大きい物質は、発火又は着火しやすい。
ー

⑷ 分解、または蒸発して可燃性気体を発生しやすい物質は、着火しやすい。
正しいです。

⑸ 気化熱の大きい物質ほど、燃焼温度が高い。
ー