資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

乙種 物化 燃焼範囲・引火・発火⑥

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 ガソリンの燃焼範囲の下限値は、1.4vol%である、ということについて、正しく説明しているものはどれか。

⑴ ガソリン蒸気100ℓに空気1.4ℓ混合した場合は、点火すると燃焼する。

⑵ 空気100ℓにガソリン蒸気1.4ℓを混合した場合は、点火すると燃焼する。

⑶ 空気100ℓにガソリン蒸気1.4ℓを混合した場合は、長時間放置すれば自然発火する。

⑷ 内容積100ℓの容器中に空気1.4ℓとガソリン蒸気98.6ℓとの混合気体が入っている場合は、点火すると燃焼する。

⑸ 内容積100ℓの容器中にガソリン蒸気1.4ℓと空気98.6ℓとの混合気体が入っている場合は、点火すると燃焼する。

 

 

解答

 ⑸

解説

 ー

⑴ ガソリン蒸気100ℓに空気1.4ℓ混合した場合は、点火すると燃焼する。
ー

⑵ 空気100ℓにガソリン蒸気1.4ℓを混合した場合は、点火すると燃焼する。
ー

⑶ 空気100ℓにガソリン蒸気1.4ℓを混合した場合は、長時間放置すれば自然発火する。
ー

⑷ 内容積100ℓの容器中に空気1.4ℓとガソリン蒸気98.6ℓとの混合気体が入っている場合は、点火すると燃焼する。
ー

⑸ 内容積100ℓの容器中にガソリン蒸気1.4ℓと空気98.6ℓとの混合気体が入っている場合は、点火すると燃焼する。
正しいです。