資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

乙種 物化 燃焼の種類⑦

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 燃焼について、誤っているものはどれか。

⑴ 可燃性物質は、燃焼により安定な酸化物に変わる。

⑵ 燃焼は、可燃性物質が酸素などの酸化性物質と反応して大量の熱と光を発生する現象である。

⑶ 密閉された室内で可燃性液体が激しく燃焼した場合には、一時に多量の発熱が起こり、圧力が急激に増大して爆発を起こすことがある。

⑷ 石油類は、主として蒸発により発生した蒸気が燃焼する。

⑸ 石油類は、酸素の供給が不足すると、不完全燃焼を起こして二酸化炭素が大量に発生する。

 

 

解答

 ⑸

解説

 ー

⑴ 可燃性物質は、燃焼により安定な酸化物に変わる。
正しいです。

⑵ 燃焼は、可燃性物質が酸素などの酸化性物質と反応して大量の熱と光を発生する現象である。
正しいです。

⑶ 密閉された室内で可燃性液体が激しく燃焼した場合には、一時に多量の発熱が起こり、圧力が急激に増大して爆発を起こすことがある。
正しいです。

⑷ 石油類は、主として蒸発により発生した蒸気が燃焼する。
正しいです。

⑸ 石油類は、酸素の供給が不足すると、不完全燃焼を起こして二酸化炭素が大量に発生する。
ー