資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

乙種 法令 貯蔵・取扱基準⑤

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 法令上、危険物を取り扱う場合の消費及び廃棄の技術上の基準について、誤っているものはどれか。

⑴ 埋没する場合は、危険物の性質に応じ、安全な場所で行わなければならない。

⑵ 焼入れ作業は、危険物が危険な温度に達しないようにして行わなければならない。

⑶ 焼却による危険物の廃棄は、一切行ってはならない。

⑷ バーナーを使用する場合においては、バーナーの逆火を防ぎ、かつ、危険物があふれないようにしなければならない。

⑸ 染色又は洗浄の作業は、可燃性の蒸気の換気をよくして行うとともに、廃液をみだりに放置しないで安全に処置しなければならない。

 

 

解答

 ⑶

解説

 ー

⑴ 埋没する場合は、危険物の性質に応じ、安全な場所で行わなければならない。
正しいです。

⑵ 焼入れ作業は、危険物が危険な温度に達しないようにして行わなければならない。
正しいです。

⑶ 焼却による危険物の廃棄は、一切行ってはならない。
ー

⑷ バーナーを使用する場合においては、バーナーの逆火を防ぎ、かつ、危険物があふれないようにしなければならない。
正しいです。

⑸ 染色又は洗浄の作業は、可燃性の蒸気の換気をよくして行うとともに、廃液をみだりに放置しないで安全に処置しなければならない。
正しいです。