資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

乙種 法令 貯蔵・取扱基準②

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 法令上、製造所等における危険物の貯蔵及び取扱いのすべてに共通する技術上の基準について、正しいものはどれか。

⑴ 貯留設備又は油分離装置にたまった危険物は、あふれないよう随時乳化剤で処理し、下水道等に排水処理しなければならない。

⑵ 製造所等においては、火気を使用してはならない。

⑶ 危険物を貯蔵し、又は取り扱う場合、当該危険物が床等に漏れ、あふれる場合にあっては、洗浄設備を設けなければならない。

⑷ 危険物を貯蔵し、又は取り扱う建築物その他の工作物又は設備は、当該危険物の性質に応じ、遮光又は換気を行わなければならない。

⑸ 製造所等においては、常に整理及び清掃を行うとともに不燃性物質以外のものを置いてはならない。

 

 

解答

 ⑷

解説

 ー

⑴ 貯留設備又は油分離装置にたまった危険物は、あふれないよう随時乳化剤で処理し、下水道等に排水処理しなければならない。
ー

⑵ 製造所等においては、火気を使用してはならない。
ー

⑶ 危険物を貯蔵し、又は取り扱う場合、当該危険物が床等に漏れ、あふれる場合にあっては、洗浄設備を設けなければならない。
ー

⑷ 危険物を貯蔵し、又は取り扱う建築物その他の工作物又は設備は、当該危険物の性質に応じ、遮光又は換気を行わなければならない。
正しいです。

⑸ 製造所等においては、常に整理及び清掃を行うとともに不燃性物質以外のものを置いてはならない。
ー