資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

乙5 性消 硝酸エステル類②

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 セルロイドの貯蔵にあたり、自然発火を防止するための措置として、最も適切なものはどれか。

⑴ 熱風を送って乾燥させた室内に置く。

⑵ 通風がよく、湿気のない、温度の低い暗所に置く。

⑶ 通風、換気のない密栓された暗所に置く。

⑷ 密栓して暗所に置く。

⑸ 湿気を高くした暗所に置く。

 

 

解答

 ⑵

解説

  セルロイドは、高い温度と湿度、日光(紫外線)の影響により、少しずつ硝酸とセルロースに分解して、劣化します。この分解は発熱を伴うため、蓄熱すると自然発火することがあります。
 そのため、通風がよく、湿気のない、温度の低い暗所で貯蔵します。

⑴ 熱風を送って乾燥させた室内に置く。
ー

⑵ 通風がよく、湿気のない、温度の低い暗所に置く。
適切です。

⑶ 通風、換気のない密栓された暗所に置く。
ー

⑷ 密栓して暗所に置く。
ー

⑸ 湿気を高くした暗所に置く。
ー