資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

乙4 性消 事故事例・対策④

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 動貯蔵タンクから給油取扱所の地下専用タンク(計量口を有するもの)に危険物を注入する場合に行う安全対策として、適切でないものはどれか。

⑴ 消火器を、出入口の近くの風上となる場所を選んで配置する。

⑵ 地下専用タンクの残油量を計量口を開けて確認し、注入が終了するまで計量口のふたは閉めないようにする。

⑶ 注入中は緊急事態にすぐ対応できるように、移動タンク貯蔵所付近から離れないようにする。

⑷ 給油取扱所の責任者と地下専用タンクに注入する危険物の品名、数量等を確認してから作業を開始する。

⑸ 移動タンク貯蔵所に設置された接地導線を給油取扱所に設置された接地端子に取り付ける。

 

 

解答

 ⑵

解説

 ー

⑴ 消火器を、出入口の近くの風上となる場所を選んで配置する。
適切です。

⑵ 地下専用タンクの残油量を計量口を開けて確認し、注入が終了するまで計量口のふたは閉めないようにする。
ー

⑶ 注入中は緊急事態にすぐ対応できるように、移動タンク貯蔵所付近から離れないようにする。
適切です。

⑷ 給油取扱所の責任者と地下専用タンクに注入する危険物の品名、数量等を確認してから作業を開始する。
適切です。

⑸ 移動タンク貯蔵所に設置された接地導線を給油取扱所に設置された接地端子に取り付ける。
適切です。