資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

乙4 性消 第4類危険物の貯蔵・取り扱い⑦

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 第1石油類の貯蔵タンクを修理または清掃する場合の火災予防上の注意事項として、誤っているものはどれか。

⑴ タンク内の可燃性蒸気を置換する場合には、窒素等を使用する。

⑵ 洗浄のため水蒸気をタンク内に噴出させるときは、静電気の発生を防止するため、高圧で短時間に行う。

⑶ 残油などをタンクから抜き取るときは、静電気の蓄積を防止するため、容器等を接地する。

⑷ タンク内に残っている可燃性蒸気を排出する。

⑸ タンク内の作業に入る前に、タンク内の可燃性ガス濃度を測定機器で確認してから修理等を開始する。

 

 

解答

 ⑵

解説

 ー

⑴ タンク内の可燃性蒸気を置換する場合には、窒素等を使用する。
ー

⑵ 洗浄のため水蒸気をタンク内に噴出させるときは、静電気の発生を防止するため、高圧で短時間に行う。
ー

⑶ 残油などをタンクから抜き取るときは、静電気の蓄積を防止するため、容器等を接地する。
ー

⑷ タンク内に残っている可燃性蒸気を排出する。
ー

⑸ タンク内の作業に入る前に、タンク内の可燃性ガス濃度を測定機器で確認してから修理等を開始する。
ー