資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

乙4 性消 第4類危険物の貯蔵・取り扱い④

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 第4類の危険物の火災予防の方法について、誤っているものはどれか。

⑴ 静電気が発生するおそれがある場合は、接地して静電気を除去すること。

⑵ 可燃性蒸気が発生し内圧が上昇しやすいので、容器にはガス抜き口を設けること。

⑶ 酸化性の物品とは同一の室に貯蔵しないこと。

⑷ 発生する蒸気の濃度が、燃焼範囲の下限値より十分低くなるよう換気すること。

⑸ 火気、加熱をさけて貯蔵し取り扱うこと。

 

 

解答

 ⑵

解説

 ー

⑴ 静電気が発生するおそれがある場合は、接地して静電気を除去すること。
正しいです。

⑵ 可燃性蒸気が発生し内圧が上昇しやすいので、容器にはガス抜き口を設けること。
ー

⑶ 酸化性の物品とは同一の室に貯蔵しないこと。
正しいです。

⑷ 発生する蒸気の濃度が、燃焼範囲の下限値より十分低くなるよう換気すること。
正しいです。

⑸ 火気、加熱をさけて貯蔵し取り扱うこと。
正しいです。