資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

乙4 性消 第4類危険物の性状⑤

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 第4類の危険物の一般的な火災の危険性について、誤っているものはどれか。

⑴ 液体の比重の大きな物質ほど蒸気密度が小さくなるので、危険性は大である。

⑵ 燃焼範囲の上限界と下限界との差が等しい物質の場合は、下限界の小さい物質ほど危険性は大である。

⑶  燃焼範囲の下限界が等しい物質の場合は、燃焼範囲の上限界の大きい物質ほど危険性は大である。

⑷ 燃焼範囲の下限界の小さい物質ほど危険性は大である。

⑸ 沸点が低い物質は、引火の危険性が大である。

 

 

解答

 ⑴

解説

 ー

⑴ 液体の比重の大きな物質ほど蒸気密度が小さくなるので、危険性は大である。
ー

⑵ 燃焼範囲の上限界と下限界との差が等しい物質の場合は、下限界の小さい物質ほど危険性は大である。
正しいです。

⑶  燃焼範囲の下限界が等しい物質の場合は、燃焼範囲の上限界の大きい物質ほど危険性は大である。
正しいです。

⑷ 燃焼範囲の下限界の小さい物質ほど危険性は大である。
正しいです。

⑸ 沸点が低い物質は、引火の危険性が大である。
正しいです。