資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

乙2 性消 引火性固体①

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 固形アルコールについて、正しいものはどれか。

⑴ 主として熱分解によって発生する可燃性ガスが燃焼する。

⑵ 常温(20℃)では可燃性ガスを発生しない。

⑶ 合成樹脂とメタノールまたはエタノールとの化合物である。

⑷ 消火には粉末消火器が有効である。

⑸ メタノールまたはエタノールを高圧低温化で圧縮固化したものである。

 

 

解答

 ⑷

解説

 ー

⑴ 主として熱分解によって発生する可燃性ガスが燃焼する。
ー

⑵ 常温(20℃)では可燃性ガスを発生しない。
ー

⑶ 合成樹脂とメタノールまたはエタノールとの化合物である。
ー

⑷ 消火には粉末消火器が有効である。
ー

⑸ メタノールまたはエタノールを高圧低温化で圧縮固化したものである。
ー