資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

乙2 性消 硫化リン・赤リン④

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 赤リンの性状について、誤っているものはどれか。

⑴ 水に溶けにくいが、二硫化炭素によく溶ける。

⑵ 黄リンの同素体である。

⑶ 赤褐色の粉末で、水より重い。

⑷ 純粋なものは、空気中に放置しても自然発火しない。

⑸ 反応性は、黄リンよりも不活性である。

 

 

解答

 ⑴

解説

 ー

⑴ 水に溶けにくいが、二硫化炭素によく溶ける。
ー

⑵ 黄リンの同素体である。
ー

⑶ 赤褐色の粉末で、水より重い。
ー

⑷ 純粋なものは、空気中に放置しても自然発火しない。
ー

⑸ 反応性は、黄リンよりも不活性である。
ー