資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

乙1 性消 第1類危険物の貯蔵・取り扱い①

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 第1類の危険物を貯蔵保管する施設の構造、設備及び容器等について、次のA〜Eのうち危険物の性状に照らして適切でないものの組合せはどれか。

  1. 棚に転倒防止策を施した容器収納庫に第2類の危険物と同時に貯蔵する。
  2. 防爆構造でない照明装置や換気設備を設置する。
  3. 収納容器が落下した場合の衝撃防止のため、床に厚手のじゅうたんを敷く。
  4. 危険物用の消火設備として、乾燥砂を設置する。
  5. 容器は、金属、ガラスおよびプラスチック製とし、ふたが容易にはずれないように密栓する。

⑴ AとC

⑵ AとD

⑶ BとC

⑷ BとE

⑸ DとE

 

 

解答

 ⑴

解説

  1. 棚に転倒防止策を施した容器収納庫に第2類の危険物と同時に貯蔵する。
    第1類は強酸化性のため、酸化しやすい第2類と同時に貯蔵するのは、不適切です。

  2. 防爆構造でない照明装置や換気設備を設置する。
    適切です。

  3. 収納容器が落下した場合の衝撃防止のため、床に厚手のじゅうたんを敷く。
    可燃物との接触は避けるべきですので、じゅうたん(可燃物)を敷くのは不適切です。

  4. 危険物用の消火設備として、乾燥砂を設置する。
    適切です。

  5. 容器は、金属、ガラスおよびプラスチック製とし、ふたが容易にはずれないように密栓する。
    適切です。