資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

乙1 性消 第1類危険物の性状①

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 第1類の危険物の性状について、誤っているものはどれか。

⑴ 熱分解すると、酸素を放出し可燃物の燃焼を促進するおそれがある。

⑵ 加熱により発火するものがある。

⑶ 可燃物や金属粉の異物が混入すると、衝撃や摩擦等により発火・爆発するおそれがある。

⑷ 常温(20℃)の空気中に放置すると、酸化熱が蓄積し、発火・爆発のおそれがある。

⑸ 可燃物や有機物に接触すると、発火・爆発するものがある。

 

 

解答

 ⑷

解説

⑴ 熱分解すると、酸素を放出し可燃物の燃焼を促進するおそれがある。
正しいです。

⑵ 加熱により発火するものがある。
正しいです。

⑶ 可燃物や金属粉の異物が混入すると、衝撃や摩擦等により発火・爆発するおそれがある。
正しいです。

⑷ 常温(20℃)の空気中に放置すると、酸化熱が蓄積し、発火・爆発のおそれがある。
第1類危険物は、常温の空気中では自然発火しません。
ただし、衝撃や加熱で爆発するものはあります。

⑸ 可燃物や有機物に接触すると、発火・爆発するものがある。
正しいです。