資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

衛生管理者 労働衛生(非有害業務)㊴

◀︎ 前へ|次へ ▶︎️

 食中毒に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

⑴ サルモネラ菌による食中毒は、食品に付着した菌が食品中で増殖した際に生じる毒素により発症する。

⑵ ボツリヌス菌による毒素は、神経毒である。

⑶ 黄色ブドウ球菌による毒素は、熱に強い。

⑷ 腸炎ビブリオ菌は、病原性好塩菌ともいわれる。

⑸ ウェルシュ菌、セレウス菌及びカンピロバクターは、いずれも細菌性食中毒の原因菌である。

 

 

解答

 ⑴

解説

⑴ サルモネラ菌による食中毒は、食品に付着した菌が食品中で増殖した際に生じる毒素により発症する。
ー

⑵ ボツリヌス菌による毒素は、神経毒である。
ー

⑶ 黄色ブドウ球菌による毒素は、熱に強い。
ー

⑷ 腸炎ビブリオ菌は、病原性好塩菌ともいわれる。
ー

⑸ ウェルシュ菌、セレウス菌及びカンピロバクターは、いずれも細菌性食中毒の原因菌である。
ー