資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

DS検定 予測②

   

 K-分割交差検証法により、あるモデルについて機械学習を行う。1,000件あるデータのうち900件を学習データとする場合、学習と評価の実行は何回行うか。

  1. 9回
  2. 10回
  3. 100回
  4. 900回
解答・解説

解答

 2

解説

 K-分割交差検証法では、データをK個に分割して、K-1個を学習データ、1個をテストデータとして評価し、全てのデータがテストデータになるようにK回繰り返し学習します。

1回目   2回目   …   10回目
テスト            
    テスト        
             
             
             
             
             
             
             
            テスト

 設問の場合、データを10個に分割(900件の学習データと100件のテストデータ)していますので、学習は10回行います。

参考情報

カテゴリ
レベル リテラシーレベル
スキルセット データサイエンス力
スキルカテゴリ 予測
サブカテゴリ 評価