資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

DS検定 予測①

   

 混同行列を用いた評価方法において、適合率(Precision)に該当する式はどれか。 ここで、TPは真陽性、TNは真陰性、FPは偽陽性、FNは偽陰性を表すものとする。

  1.  \frac{TP + TN}{TP + TN + FP + FN}
  2.  \frac{TP}{TP + FP}
  3.  \frac{TP}{TP + FN}
  4.  \frac{2 \frac{TP}{TP + FN} \frac{TP}{TP + FP}}{\frac{TP}{TP + FN} + \frac{TP}{TP + FP}}
解答・解説

解答

 2

解説

 混同行列は、2値分類問題の評価について、下表の4つのパターンの正誤分布のクロス表を用いて評価します。

  実測値 正例 実測値 負例
予測値
正例
真陽性 TP 偽陽性 FP
予測値
負例
偽陰性 FN 真陰性 TN
  1.  \frac{TP + TN}{TP + TN + FP + FN}
    正解率(Accuracy)を表す式です。

  2.  \frac{TP}{TP + FP}
    正しいです。適合率(Precision)を表す式です。

  3.  \frac{TP}{TP + FN}
    再現率(Recall)を表す式です。

  4.  \frac{2 \frac{TP}{TP + FN} \frac{TP}{TP + FP}}{\frac{TP}{TP + FN} + \frac{TP}{TP + FP}}
    F値を表す式です。
    2*再現率*適合率/再現率+適合率 の形になっています。

参考情報

カテゴリ
レベル リテラシーレベル
スキルセット データサイエンス力
スキルカテゴリ 予測
サブカテゴリ 回帰/分類