資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

システム監査技術者

『システム監査技術者』に関するコンテンツをまとめています。
試験に関する内容は次のボタンからお進みください。

qe.hpeo.jp

システム監査技術者試験ナビ

独立した立場でITを監査する御意見番のための国家試験『システム監査技術者試験』を徹底解説! 過去問題の解説・傾向分析をはじめ、試験情報、試験対策方法、おすすめコンテンツなどを紹介します。 同名Twitter(@hpeo_au)もぜひご利用ください!

システム監査技術者試験 チートシート 令和3年度秋期版

システム監査技術者試験を受験する方向けに、午前Ⅱ対策を中心としたチートシートを用意しました。 こちらは、あくまで試験合格を目的とした内容になっていますので、きちんと学習したい方は、過去問題解説ページ等をご覧ください。 情報処理教科書 システム…

AU 標準化関連②

JIS Q 9001(ISO9001)で内部監査について規定していることはどれか。

AU 標準化関連①

ヨーロッパで運用されているCEマークを説明したものはどれか。

AU その他の法律・ガイドライン・技術者倫理⑤

電子帳簿保存法の要件に反しない事実関係はどれか。

AU その他の法律・ガイドライン・技術者倫理④

製造物責任法(PL法)において,製造物責任を問われる事例はどれか。

AU その他の法律・ガイドライン・技術者倫理③

製造物責任法(PL法)において,免責と規定されているものはどれか。

AU その他の法律・ガイドライン・技術者倫理②

製造物責任法(PL法)によれば,製造業者の責任に関する記述のうち,適切なものはどれか。

AU その他の法律・ガイドライン・技術者倫理①

技術者倫理における集団思考の問題点として,アーヴィング・ジャニスが指摘した八つの兆候のうち,“心の警備”の説明として,適切なものはどれか。

AU 労働関連・取引関連法規⑥

販売管理システム開発を受注したA社が,不足する開発要員(プログラマ)をB社からの派遣によって補うことにした。派遣先であるA社の行為のうち,労働者派遣法に照らして適切なものはどれか。

AU 労働関連・取引関連法規⑤

プロジェクトマネージャのP氏は,A社から受託予定のソフトウェア開発を行うために,X社から一時的な要員派遣を受けることを検討している。労働者派遣法に照らして適切なものはどれか。

AU 労働関連・取引関連法規④

公益通報者保護法に定められているものはどれか。

AU 労働関連・取引関連法規③

常時10名以上の従業員を有するソフトウェア開発会社が,社内の情報セキュリティ管理を強化するために,機密情報を扱う担当従業員の扱いを見直すこととした。労働法に照らし,適切な行為はどれか。

AU 労働関連・取引関連法規②

下請業者から納品されたプログラムに,下請業者側の事情を原因とする重大なバグが発見され,プログラムの修正が必要となった。このとき,支払期日を改めて定めようとする場合,下請代金支払遅延等防止法上認められている期間(60日)の起算日はどれか。a

AU 労働関連・取引関連法規①

インターネットのショッピングサイトで,商品の広告をする際に,商品の販売価格,代金の支払時期及び支払方法,商品の引渡時期,売買契約の解除に関する事項などの表示を義務付けている法律はどれか。

AU セキュリティ関連法規⑤

個人情報保護法で保護される個人情報の条件はどれか。

AU セキュリティ関連法規④

不正アクセス禁止法に照らして違法となる行為はどれか。

AU セキュリティ関連法規③

個人情報保護法の中で規定された,個人情報の取扱いに関する不正行為に対して用意されている仕組みはどれか。

AU セキュリティ関連法規②

電子署名法に規定されているものはどれか。

AU セキュリティ関連法規①

刑法の電子計算機使用詐欺罪が適用される違法行為はどれか。

AU 知的財産権⑧

開発されたプログラムの著作権の帰属に関する規定が契約に定められていないとき,著作権の原始的な帰属はどのようになるか。

AU 知的財産権⑦

不正競争防止法で保護されるものはどれか。

AU 知的財産権⑥

職務著作の要件のうち,プログラムの著作物の場合は満たす必要がなく,プログラム以外の著作物の場合は必要なものはどれか。

AU 知的財産権④

プログラムの著作物について,著作権法上,適法である行為はどれか。

AU 知的財産権⑤

法人が作成し,公開,発売したソフトウェアの著作権の権利期間は公開から何年か。

AU 知的財産権③

不正競争防止法において,営業秘密を保有者から示された者が複製を行い,不正の利益を得ようとした場合,営業秘密侵害罪として刑事罰の対象となるのはどの時点からか。

AU 知的財産権②

特許法によれば,企業が雇用している従業者が行った職務発明に基づく特許の取扱いのうち,適切なものはどれか。

AU 知的財産権①

フェアユースの説明はどれか。

AU 内部統制⑫

金融庁の“財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準”における,内部統制の固有の限界に当たる事象はどれか。

AU 内部統制⑪

情報システムに対する統制を全般統制と業務処理統制に分けたとき,業務処理統制に該当するものはどれか。