資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

管理業務主任者

『管理業務主任者』に関するコンテンツをまとめています。
試験に関する内容は次のボタンからお進みください。

qe.hpeo.jp

管理業務主任者 管理適正化法⑩

マンション管理業者であるAが、管理組合であるBに、マンション管理適正化法第73条の規定に基づき、同条第1項各号に定める事項を記載した書面(以下、本問において「契約の成立時の書面」という。)の交付を行う場合に関する次の記述のうち、マンション管理…

管理業務主任者 管理適正化法⑨

管理業務主任者に関する次の記述のうち、マンション管理適正化法によれば、正しいものはどれか。

管理業務主任者 管理適正化法⑧

「マンション」の定義に関する次の記述のうち、マンション管理適正化法の規定によれば、正しいものはどれか。

管理業務主任者 管理適正化法⑦

マンション管理業者が行う、マンション管理適正化法第77条の規定に基づく管理事務の報告に関する次の記述のうち、マンション管理適正化法によれば、正しいものはどれか。

管理業務主任者 管理適正化法⑥

次の記述のうち、マンションの管理の適正化に関する指針(平成13年国土交通省告示第1288号)に定められているものはいくつあるか。

管理業務主任者 管理適正化法⑤

マンション管理業者A(以下、本問において「A」という。)が、管理組合から管理事務を受託する際に、マンション管理適正化法第72条の規定に基づく重要事項の説明を行う場合に関する次の記述のうち、マンション管理適正化法の規定に違反するものはどれか。

管理業務主任者 管理適正化法④

マンション管理業者A(以下、本問において「A」という。)が、管理組合法人B(以下、本問において「B」という。)から委託を受けて、Bの修繕積立金等金銭の管理を行う場合に関する次の記述のうち、マンション管理適正化法に違反するものはいくつあるか。

管理業務主任者 管理適正化法③

マンション管理業者A(以下、本問において「A」という。)は、管理組合B(以下、本問において「B」という。)と管理委託契約を締結し、Bの管理事務を行っているが、この業務に関する次の記述のうち、マンション管理適正化法に違反するものはどれか。

管理業務主任者 管理適正化法②

マンション管理業者A(以下、本問において「A」という。)は、管理組合B(以下、本問において「B」という。)と管理委託契約を締結し、Bの管理事務を行っているが、この業務に関する次の記述のうち、マンション管理適正化法に違反するものはどれか。

管理業務主任者 管理適正化法①

次の記述のうち、マンションの管理の適正化に関する指針(平成13年国土交通省告示第1288号)に定められていないものはどれか。

管理業務主任者 区分所有法等㉔

宅地建物取引業者Aが自ら売主として、宅地建物取引業者ではないB又は宅地建物取引業者Cとの間で、マンションの住戸の売買を行う場合、宅地建物取引業法第35条の規定に基づく重要事項の説明等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

管理業務主任者 区分所有法等㉓

区分所有者Aが、自己所有のマンションの専有部分についてBと定期建物賃貸借契約(以下、本問において「本件契約」という。)を締結する場合に関する次の記述のうち、借地借家法の規定によれば、誤っているものはどれか。

管理業務主任者 区分所有法等㉒

次の記述のうち、「地震保険に関する法律」によれば、正しいものの組み合わせはどれか。

管理業務主任者 区分所有法等㉑

マンションの建替え等の円滑化に関する法律の規定によれば、マンション敷地売却に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、本問において、「マンション」とは、同法第2条第1項第1号に規定するものとする。

管理業務主任者 区分所有法等⑳

住宅の品質確保の促進等に関する法律に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

管理業務主任者 区分所有法等⑲

次の文章は、団地内の区分所有建物の建替えに関する事件についての最高裁判所の判決の一部である。その文中の( ア )〜( エ )に入るべき語句の組み合わせとして正しいものはどれか。なお、文中の「同法」は、「建物の区分所有等に関する法律」をいう。

管理業務主任者 区分所有法等⑱

管理組合法人に関する次の記述のうち、区分所有法の規定によれば、誤っているものはどれか。

管理業務主任者 区分所有法等⑰

集会の招集及び決議に関する次の記述のうち、区分所有法の規定によれば、誤っているものはどれか。ただし、規約に別段の定めはないものとする。

管理業務主任者 区分所有法等⑯

専有部分と敷地利用権との分離処分等に関する次の記述のうち、民法及び区分所有法の規定によれば、誤っているものはどれか。

管理業務主任者 区分所有法等⑮

区分所有法第7条に規定される先取特権に関する次の記述のうち、民法及び区分所有法の規定によれば、誤っているものはどれか。

管理業務主任者 区分所有法等⑭

区分所有法の規定によれば、規約による建物の敷地に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

管理業務主任者 区分所有法等⑬

管理組合法人に関する次の記述のうち、区分所有法の規定によれば、誤っているものはどれか。

管理業務主任者 区分所有法等⑫

マンションの一住戸の売買の際に、宅地建物取引業者が、宅地建物取引業法第35条の規定に基づく重要事項の説明を行う場合において、説明しなければならない事項として定められていないものは、次のうちどれか。

管理業務主任者 区分所有法等⑪

各種の法令に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

管理業務主任者 区分所有法等⑩

不動産登記法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

管理業務主任者 区分所有法等⑨

次の文章は、消費者契約法第1条(目的)の規定であるが、文中の( ア )〜( エ )に入る語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

管理業務主任者 区分所有法等⑧

宅地建物取引業者(宅地建物取引業法第2条第3号に規定する者をいう。以下同じ。)である売主A(以下、本問において「A」という。)が、宅地建物取引業者でない買主B(以下、本問において「B」という。)にマンションの一住戸甲(以下、本問において「甲…

管理業務主任者 区分所有法等⑦

複合用途型の甲マンションにおいて、Aが区分所有する居住用の専有部分をBに、Cが区分所有する事務所用の専有部分をDに、それぞれが賃貸する契約を締結する場合に関する次の記述のうち、民法、借地借家法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。な…

管理業務主任者 区分所有法等⑥

以下のア〜ウの記述は、最高裁判所の判決又は決定の一部に若干の修正をしたものであるが、( a )〜( c )に入る用語の組み合わせとして、正しいものは、次の1〜4のうちどれか。

管理業務主任者 区分所有法等⑤

次の記述のうち、区分所有法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。