資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

知的財産管理技能検定

『知的財産管理技能検定』に関するコンテンツをまとめています。
試験に関する内容は次のボタンからお進みください。

qe.hpeo.jp

3級 学科 条約⑥

特許協力条約(PCT)に基づく国際出願について,最も不適切なものはどれか。

3級 学科 条約⑤

特許協力条約(PCT)に基づく国際出願として,最も不適切なものはどれか。

3級 学科 条約④

パリ条約第4条で規定する優先権の優先期間として,最も不適切なものはどれか。

3級 学科 条約③

国際出願における国際調査について,最も不適切なものはどれか。

3級 学科 条約②

特許協力条約(PCT)において規定されている制度について,国際事務局が行うものとして,最も不適切なものはどれか。

3級 学科 条約①

パリ条約について,最も適切と考えられるものはどれか。

3級 学科 不正競争防止法他⑩

弁理士が単独で業として行うことができる業務として,最も不適切なものはどれか。

3級 学科 不正競争防止法他⑨

独占禁止法に抵触する可能性が低い知的財産の利用に関して,最も適切なものはどれか。

3級 学科 不正競争防止法他⑧

品種登録の要件について,最も適切なものはどれか。

3級 学科 不正競争防止法他⑦

育成者権の侵害について,最も適切と考えられるものはどれか。

3級 学科 不正競争防止法他⑥

特許ライセンス対象製品について,独占禁止法に違反するおそれが高いと考えられる行為として,最も適切なものはどれか。

3級 学科 不正競争防止法他⑤

他人の求めに応じて弁理士が報酬を得て行う独占代理業務として,最も適切なものはどれか。

3級 学科 不正競争防止法他④

不正競争防止法におけるいわゆる著名表示冒用行為について,最も不適切なものはどれか。

3級 学科 不正競争防止法他③

不正競争防止法について,最も不適切と考えられるものはどれか。

3級 学科 不正競争防止法他②

不正競争防止法について,最も不適切と考えられるものはどれか。

3級 学科 不正競争防止法他①

他人の商品等と混同を生じさせることを要件とする不正競争行為として,最も適切なものはどれか。

3級 学科 著作権法⑯

実演家人格権に含まれる権利として,最も不適切なものはどれか。

3級 学科 著作権法⑮

著作権の侵害について,最も不適切なものはどれか。

3級 学科 著作権法⑭

著作権の制限について,最も不適切と考えられるものはどれか。

3級 学科 著作権法⑬

著作物の権利譲渡契約に関して,最も不適切なものはどれか。

3級 学科 著作権法⑫

著作隣接権に関して,最も適切と考えられるものはどれか。

3級 学科 著作権法⑪

著作者に無断で著作物を複製することができる場合として,最も適切なものはどれか。

3級 学科 著作権法⑩

著作権の変動に関して,最も適切と考えられるものはどれか。

3級 学科 著作権法⑨

著作隣接権の存続期間に関して,最も不適切なものはどれか。

3級 学科 著作権法⑧

著作隣接権について,最も適切なものはどれか。

3級 学科 著作権法⑦

著作物について,最も不適切なものはどれか。

3級 学科 著作権法⑥

著作物に関して,最も適切と考えられるものはどれか。

3級 学科 著作権法⑤

職務著作に係る著作物の著作者が法人等になる場合の要件として,最も不適切なものはどれか。(プログラムの著作物を除く)

3級 学科 著作権法④

編集著作物について,最も適切と考えられるものはどれか。

3級 学科 著作権法③

データベースの著作物について,創作性が認められる対象として,最も不適切なものはどれか。