資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

日商簿記検定

『日商簿記検定』に関するコンテンツをまとめています。
試験に関する内容は次のボタンからお進みください。

qe.hpeo.jp

簿記3級 仕訳 資本取引・決算⑩

前期末の決算において繰り延べられた前払保険料 ¥5,000 を振り替える。

簿記3級 仕訳 資本取引・決算⑨

12月31日、決算につき、6月1日に支払った向こう1年分の保険料 ¥12,000 の未経過分を繰り延べる。

簿記3級 仕訳 資本取引・決算⑧

決算において、当座預金勘定の貸方残高 ¥200,000 を適切な勘定に振り替える。なお、当社は当座借越勘定を用いていない。

簿記3級 仕訳 資本取引・決算⑦

決算において、当座預金勘定の貸方残高 ¥200,000 を適切な勘定に振り替える。

簿記3級 仕訳 資本取引・決算⑥

損益勘定記録によると、当期の収益総額は ¥1,000,000、費用総額は ¥1,200,000 であった。この差額を繰越利益剰余金勘定へ振り替える。

簿記3級 仕訳 資本取引・決算⑤

損益勘定記録によると、当期の収益総額は ¥2,000,000、費用総額は ¥1,800,000 であった。この差額を繰越利益剰余金勘定へ振り替える。

簿記3級 仕訳 資本取引・決算④

決算にて、仕入および支払家賃の勘定残高を損益勘定に振り替えた。なお、当期中の総仕入高は ¥2,000,000、戻し高は ¥100,000 であった。また、当期中の家賃の支払額は ¥1,10,000、決算日における未払額は ¥100,000 であった。

簿記3級 仕訳 資本取引・決算③

株主総会において、繰越利益剰余金の処分(株主配当金:¥1,000,000 利益準備金積立額:¥500,000)が行われた。

簿記3級 仕訳 資本取引・決算②

増資を行うため、株式10,000株を1株あたり ¥500 の価額で発行し、全額の払込みを受け、払込金は当座預金とした。なお、発行価額の全額を資本金とする。

簿記3級 仕訳 資本取引・決算①

会社の設立にあたり、株式10,000株を1株あたり ¥500 の価額で発行し、全額の払込みを受け、払込金は当座預金とした。なお、発行価額の全額を資本金とする。

簿記3級 仕訳 各種税金⑩

決算において、税引前当期純利益 ¥2,000,000 の40%を法人税等に計上した。なお、当社はすでに ¥350,000 を中間納付しており、仮払法人税等で処理している。

簿記3級 仕訳 各種税金⑨

期中において中間申告を行い、法人税 ¥200,000、住民税 ¥50,000 および事業税 ¥100,000 を現金で納付した。

簿記3級 仕訳 各種税金⑧

決算にあたり、消費税の納付額を計算し、これを確定した。なお、当期の消費税仮払分は ¥80,000、消費税仮受分は ¥200,000 であり、消費税は税抜方式で記帳処理している。

簿記3級 仕訳 各種税金⑦

営業用途の自動車に対する自動車税 ¥20,000 を現金で納付した。

簿記3級 仕訳 各種税金⑥

建物と土地に対する固定資産税の第3期分 ¥90,000 を現金で納付した。なお、当店では固定資産税の納税通知書を受け取り時に、全額を未払金として処理している。

簿記3級 仕訳 各種税金⑤

建物と土地に対する固定資産税 ¥360,000 の納税通知書を受け取り、第1期分 ¥90,000 を現金で納付した。

簿記3級 仕訳 各種税金④

給料から差し引いた社会保険料の従業員負担額(健康保険料 ¥30,000 および厚生年金保険料 ¥50,000 )と、会社負担額(従業員負担額と同額)をまとめて現金で納付した。

簿記3級 仕訳 各種税金③

従業員への給料の支払いにあたり、給料総額 ¥500,000 から、従業員が負担すべき社会保険料(健康保険料 ¥30,000 および厚生年金保険料 ¥50,000 )を差し引き、残額を普通預金口座から振り込んだ。

簿記3級 仕訳 各種税金②

源泉徴収した 6か月(7月〜12月)分の所得税 ¥300,000 を、所轄の税務署の納税窓口にて現金で納付した。なお、当店は前期より納期の特例承認を受けている。

簿記3級 仕訳 各種税金①

従業員への給料の支払いにあたり、給料総額 ¥500,000 から、所得税源泉徴収分 ¥50,000 を差し引き、残額を当座預金口座から従業員の普通預金口座へ振り替えて支給した。

簿記3級 仕訳 その他取引⑩

前期の決算において前受地代 ¥200,000 を計上していたので、当期首において再振替仕訳を行った。

簿記3級 仕訳 その他取引⑨

C商店に対する買掛金 ¥300,000 を現金で支払った際、誤って仕入として処理していたことが判明したので、この仕訳を訂正する。

簿記3級 仕訳 その他取引⑧

商品保管の委託先である業者に対し、倉庫の利用料 ¥200,000 を普通預金から支払った。

簿記3級 仕訳 その他取引⑦

加入団体への年会費 ¥30,000 を現金で支払った。

簿記3級 仕訳 その他取引⑥

出張中に従業員が立て替えた交通費が ¥50,000、宿泊費が ¥20,000 であったとの報告を受けた。なお、従業員立替分を月末にまとめて精算している。

簿記3級 仕訳 その他取引⑤

B商店に書類を郵送した。なお、郵送代金 ¥2,000 は月末日にまとめて支払うことになっている。

簿記3級 仕訳 その他取引④

売上代金として受け取った自治体発行の商品券 ¥100,000 の換金請求を行ったところ、全額がただちに当座預金口座へ振り込まれた。

簿記3級 仕訳 その他取引③

A商店に商品 ¥500,000 を売り上げ、代金のうち ¥100,000 は自治体が発行した商品券を受け取り、残額は掛けとした。

簿記3級 仕訳 その他取引②

収入印紙 ¥2,000 と郵便切手 ¥8,000 を郵便局で購入し、代金は現金で支払った。

簿記3級 仕訳 その他取引①

事務用品 ¥30,000 を購入し、代金のうち ¥10,000 は保有していた郵便為替証書で支払い、残額は後日支払うことになった。