資格部 📝

あらゆる資格の試験情報、対策方法、過去問題・模擬問題を解説

宅地建物取引士(宅建士)

『宅建士』に関するコンテンツをまとめています。
試験に関する内容は次のボタンからお進みください。

qe.hpeo.jp

宅建士 税・その他⑭

建物の構造と材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

宅建士 税・その他⑬

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

宅建士 税・その他⑫

宅地建物取引業者がインターネット不動産情報サイトにおいて行った広告表示に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約を含む。)の規定によれば、正しいものはどれか。

宅建士 税・その他⑪

独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建士 税・その他⑩

建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

宅建士 税・その他⑨

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

宅建士 税・その他⑧

宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約を含む。)の規定によれば、正しいものはどれか。

宅建士 税・その他⑦

独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建士 税・その他⑥

地価公示法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建士 税・その他⑤

固定資産税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建士 税・その他④

所得税法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建士 税・その他③

不動産の鑑定評価に関する次の記述のうち、不動産鑑定評価基準によれば、正しいものはどれか。

宅建士 税・その他②

不動産取得税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建士 税・その他①

印紙税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建士 法令上の制限⑯

次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建士 法令上の制限⑮

土地区画整理法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問において「組合」とは、土地区画整理組合をいう。

宅建士 法令上の制限⑭

宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び施行時特例市にあってはその長をいうものとする。

宅建士 法令上の制限⑬

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建士 法令上の制限⑫

建築基準法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建士 法令上の制限⑪

都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。ただし、許可を要する開発行為の面積について、条例による定めはないものとし、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び施行時特例市にあってはその長をいうも…

宅建士 法令上の制限⑩

都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

宅建士 法令上の制限⑨

農地に関する次の記述のうち、農地法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。

宅建士 法令上の制限⑧

農地に関する次の記述のうち、農地法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。

宅建士 法令上の制限⑦

土地区画整理法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建士 法令上の制限⑥

宅地造成等規制法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び施行時特例市にあってはその長をいうものとする。

宅建士 法令上の制限⑤

建築基準法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建士 法令上の制限④

建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建士 法令上の制限③

都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び施行時特例市にあってはその長をいうものとする。

宅建士 法令上の制限②

都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建士 法令上の制限①

国土利用計画法第23条に規定する届出(以下この問において「事後届出」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。